一般社団法人 住宅あんしん検査

お問い合わせ:03-6824-9444
一般社団法人 住宅あんしん検査
メニュー

建物状況調査とは?

住宅あんしん検査は住宅取引にあんしんを提供します。

建物状況調査とは?

宅地建物取引業法(以下「宅建業法」といいます。)の一部を改正する法律が2018年4月に施行され、
既存住宅の取引において建物状況調査の活用が促されます。
「建物状況調査」とは既存住宅の基礎、外壁等の部位毎にひび割れ、雨漏り等の劣化事象・不具合事象の
有無を目視、計測等により調査するものです。
建物状況調査を行うことで調査時点における住宅の状況を把握したうえで取引を行うことができ、
既存住宅の流通が促進されるものと考えられます。

ここでは、建物状況調査の具体的な内容等についてご説明いたします。
なお、宅建業法改正のポイントは「株式会社住宅あんしん保証(国土交通大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人)」のお役立ち情報サイトにある「宅建業法改正」をご参照ください。

宅建業法改正はこちら

建物状況調査のメリット

売主のメリット

  • メリット1

    売買する住宅を
    詳細に調査することで
    建物の状況を正しく把握できます。

  • メリット2

    引渡し後の買主とのトラブルや
    予期せぬ出費を
    未然に防ぐことができます。

  • メリット3

    買主に対して
    「建物状況調査済み」の住宅として
    アピールできます。

買主のメリット

  • 買主のメリット1

    既存住宅状況調査技術者講習を
    修了した建築士が調査することで
    購入予定の住宅への不安を
    減らすことができます。

  • 買主のメリット2

    補修の必要な箇所がわかるので
    購入後の適切なリフォームや
    メンテナンスの見通しが立ちます。

  • 買主のメリット3

    調査結果が一定の基準を満たした場合は、
    住宅の保証を受けることができます。
    (別途、保証料が必要です。)

建物状況調査の項目と流れ

調査対象部位は構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分です。なお、オプション調査として給排水管路等を調査対象に含む場合があります。

(1)建物の外部を確認します

  • コンクリート部分のクラック等を確認
  • 外壁のシーリング材やひび割れを確認
  • 屋根や軒裏を見える範囲で確認(戸建住宅)
  • バルコニーの状況を確認
  • コンクリートの非破壊検査を実施(条件に応じて実施)

(2)建物の内部を確認します

  • 室内の壁、天井等の雨漏り跡を確認
  • 1階床下点検口、各階天井点検口内の確認(戸建住宅)
  • 床、柱等で著しい傾斜の有無を確認

(3)[オプション]給排水管路等を確認します

  • 水栓より水やお湯を流し、給水管、給湯管、排水管に水漏れ、詰り、逆流、あふれが無いか確認

建物状況調査料

建物状況調査料は資料ダウンロードに料金表を
掲載しておりますので、ご確認ください。

資料ダウンロードはこちら

お問い合わせは、電話または
メールで承っております。

TEL:03-6824-9444:受付時間:平日のみの対応:9:00〜17:30
TEL:03-6824-9444:受付時間:平日のみの対応:9:00〜17:30
お問い合せフォームはこちら:お気軽にお問い合わせください。